楽天モバイルの速度・料金・評判のまとめ

楽天の格安スマホの月額と解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。いまのスマホ代と比較しながら、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。どれだけ安くなるのか、楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

楽天モバイルの料金と初期費用

楽天モバイルの料金プランに関しては、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声用のSIMを使わなければいけないので気をつけましょう。音声SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、そのプラン以外としては、LETの高速回線(225Mbps)プランとなるのです。楽天モバイルにするにあたってかかる初期費用は、一律3,240円ですが、別途、スマートフォン端末を購入する場合は、その金額がプラスとなります。

楽天モバイルの解約縛りについて

解約制限に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMは、最低利用期間の決まりはありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方通話SIMについては、最低12か月の利用が必要になってきます。最低利用期間の1年を待たずに解約したい場合は、解約手数料として、9,800円が発生してしまいます。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

楽天格安スマホとは?

MVNOとは大手の携帯電話会社以外の携帯電話キャリアのことを指しますが、話題の格安なスマホサービスを展開しています。楽天市場もこれに参入しました。その名も楽天モバイルです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、docomoの電話と同じ品質の通話が可能です。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。楽天モバイルって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、楽天モバイルがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomo同エリアの格安SIM・格安スマホ

スマホサービスである楽天さんの楽天モバイル回線では、ドコモ回線を使用しています。そのため、通話品質もドコモと変わらず、サービスが使える範囲もdocomoと同じく広範囲で、圏外で使えなくなることも少なく信頼度は高いです。docomoのスマホを利用している方でしたら、だいたいはお使いの機種のままでご利用いただけます。また機種を変更したい場合は、新たにSIMフリースマホをセットで購入することも可能です。ドコモのスマホをお持ちの方なら、SIMカードのみの契約で利用可能ですので、新たに楽天モバイルでスマホを購入する必要もないので、ドコモのスマホを持っているならば嬉しいサービスです。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

セット販売の格安スマホが豊富なラインナップ

今あなたの使っているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない場合、スマートフォンを新しい端末に買い換えなければいけません。楽天モバイルとセットで購入できる本体は、他のMVNOよりも豊富な種類の本体を取り揃えてありますので、選択の幅が広いことが特徴のひとつです。スマートフォンだけでなく大きな画面で使用したいタブレット派の人のためにも、たくさんの端末が用意されています。ただ、そんな素晴らしい楽天モバイルですが、端末を購入して分割払いにしたい場合、楽天カード以外は使用できないという点が挙げられます。楽天カードを未所有の場合、端末の代金は契約時に一括で支払わなくてはなりません。ただ、機種の多さはMVNOの中でもNo.1です。

余ったデータ通信量の翌月繰り越し対応

プランによって使えるデータ容量に差がありますが、あまり通信しない月も場合もあるので、その様な月は多めに残ってしまう場合もある事でしょう。でも、楽天モバイルであれば、残ってしまったデータの容量を翌月に繰り越す事が出来ます。他の会社によっては繰り越しを行えないところもありますが、楽天モバイルはこういった点においても、お得と言えます。出来るだけ損をしないような使い方をいたいと思う人が大半だと思うので、このサービスはとても魅力的です。

通話料がお得な、楽天でんわ

楽天でんわは、通常の通話料が半額になるサービスです。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、発信者の電話番号がきちんと相手側に通知されます。もちろん通知される番号は、いつも使用している電話番号です。相手には、電話サービスを変えたことは気づかれません。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと使っていて不便だなと感じることがあるのですが、楽天電話なら使いづらさを解決してくれるということです。楽天でんわを使った際に生じた通話料も、通話料の金額に対応した楽天ポイントがもらえるので、非常にお得に利用できます。かけ放題の通話サービスもあるんです。

5分かけ放題

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、だいたいのMVNOが、無料通話のサービスをやってはいません。MVNOのデータ通信料は大手大手携帯電話会社より格安で済むから家計には優しいけど、いざというときの通話料金が高そうでちょっと手が出しづらい。と、迷っている方でも納得できます。楽天モバイルが提供を開始した新サービスにおいて、国内通話の最初の5分間が何度でも無料になるサービスが、なんと月々850円で登場しました。5分かけ放題オプションは大手携帯キャリアと同じ一般の電話回線を使用しているため、楽天でんわなどと同じく発信者番号通知にも対応しており、電話をかける際に煩わしいような操作をしなくても、通話料が無料になるのが嬉しい点です。NifMoでも同様に通話し放題のサービスが提供されていますが、発信者番号通知には対応しきれていないという評価をレビューブログで見ました。従来の「楽天でんわ」では、通常1分間に21.6円の通話料が必要でしたので、1回の通話時間が5分以内で月に43分以上通話する方は、ぜひ加入しておきたいオプションですね。

到着月は無料

SIMを楽天モバイルで契約をすると、最初の1ヶ月は料金が掛かりません。使用開始月というのは、SIMカードなど、楽天モバイルで契約したものを受け取った日の月のことです。ですので、月初に届くとほぼ1ヶ月分がタダになるということです。しかし、今ご利用中のスマホの解約手数料などとの関係もありますので、一概に月初まで待つのがおトクとは言い切れません。

通信速度

楽天モバイルは、ドコモの回線を利用して、225Mbpsという高速通信を可能にしています。スピードについては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。いちばん信頼があり安心できるdocomoと同じ回線を利用できることが、大手携帯3社や他のMVNOと比較しても、楽天モバイルの強みとなりそうですね。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの通信制限

どのMVNOでもそうですが、利用者全てが平等に使えるように、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、規定容量を超過したユーザーに対して、通信速度制限が行われます。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

【楽天モバイルで開催中のキャンペーン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)