mineoの速度・料金・評判のまとめ

mineoって?

docomoとAUの2つ回線を利用しているMVNO「mineo(マイネオ)」はケイ・オプティコムが提供している格安スマです。現在使っているキャリアから乗り換えをすると、スマホの月々の料金がかなり安くなります。どの位?というと、このmineoは、なんと月々たったの1,310円でスマホが使えてしまいます。だから今、話題沸騰中なのです。マルチキャリアMVNOとしては、国内で一番最初にサービスを提供しており、docomo回線プランとAU回線プランを選ぶことができます。通話の品質やエリアはdocomo・AUのキャリア機器とまったく同じなので、繋がりやすさもお墨付きです。早速、mineoのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。節約料金を妄想しながら、楽しんでいってください。

docomoとdocomo・AU回線網を使ったお得なスマホ!

mineoはAU回線プランとdocomo回線プランを提供している、マルチキャリアMVNOです。通話も高音質でキャリアとほとんど変わりませんし、利用する事が出来るエリアなどもまったく変わりません。スマホがAUもしくはdocomoであれば、継続して使えるケースが多いので、新規にスマホを用意する必要はありません。新しくスマホを買い替えずに済むので、余計なお金がかかりません。当たり前の事ですが、mineo内で用意している格安スマホも購入してサービスを利用出来ます。ドコモとauの回線は両方とも安定していますから、docomo回線とAU回線の好きな方を選んで契約することができます。docomoかAUの回線のどちらかを使うかによっては、料金に差異があるので検討の際は確認しておく事が必要です。

VoLTE(ボルテ)対応プランがある!

mineoの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。VoLTEとはLTEによる音声通話サービスのことで、従来の音声通話より高品質な通話を実現した、たくさんある通話方式のなかでも最先端の技術です。以前は300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾う事ができませんでした。このVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになっています。従来と比較して、高音質で通話出来るようになったという事です。VoLTEに対応していることは、mineoにとって安さ以外のセールスポイントになっています。

データ容量くりこしにも対応

mineoの特徴として、データ通信料の残った分も翌月に繰り越せるため、月によって使用するデータ量がまちまちという方にも、気にすることなく利用できて安心ですね。

mineoスイッチを活用して、通信量節約

mineoでは通信を便利にするためのmineoスイッチも用意されており、高速通信と低速通信に切り替えができる機能です。データ容量の無駄な使用を抑えたい時にターボ機能を使います。また、mineoにはデータ通信料を賢く節約できるアプリ「mineoスイッチ」があるので、公衆Wi-Fiとうまく組み合わせて使えば、データ通信料を最小限に抑えることができるでしょう。携帯代を安く済ませるのに役立つと思います!

mineoの回線スピード

mineoのデータ通信速度について、説明をしていきます。docomo回線を使用するDプランはdocomo Xiの最大225Mbps、Aプラン(AU回線を利用したプラン)においても225MbpsのLTE回線を使用しています。通信系の媒体でもよく比較されていますが、混雑時間帯では、キャリア契約のものよりも通信速度は遅くなります。混雑する時間帯ほど自分だって通信したい時間帯なので、こうした時間帯に高速で安定した通信がしたいなら、キャリア契約の方をおすすめします。毎月の使用料金が安いので、全体通して見ても、mineoも含めた格安スマホは魅力的なサービスだと思います。

mineo Aプランでの通信制限に関して

mineoは、通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、決められた容量を超過したユーザーに対して、速度制限が実施されます。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。料金プランごとの規定容量は設定されておらず、Aプランは、各プランともに、直近3日で1GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランでの3日間制限0

mineoのdocomo回線プランにおいては、直近の3日間の通信量に基づく速度規制はありません。日によって、どれくらいの量を使うか分からない方には、契約に関しては、AプランよりDプランの方が3日制限に掛かる心配が減るでしょう。このような通信量と速度制限についても合わせて、プランを比較し、検討してみてください。

mineo料金と初期費用

mineoの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、ご参考にして頂きたいと思います。どれだけ安くなるのか、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの料金

マイネオの料金プランは、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。070/080/090から始まる電話番号が使用できるのは、音声通話SIMだけなので、今まで通りに携帯電話としても利用したい時は、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ専用SIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

最低利用期間

解約縛りと違約金に関して、説明していきます。多くの格安SIMでは、最低利用期間が設定されていますが、サービスの解約時に手数料が必要ない珍しいMVNOです。最低利用期間があるが故に、普通はなかなか気軽には契約しずらいスマホですが、格安スマホ初心者には打ってつけのMVNOです。しかしながら1年以内にMNP転出をする場合については12,420円の転出手数料がかかります。音声通話プランのご契約を考えてる方は、気をつけた方がいいでしょう。

【開催中のキャンペーン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)