楽天モバイルの速度・料金・評判のまとめ

楽天の格安スマホの月額と解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。いまのスマホ代と比較しながら、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。どれだけ安くなるのか、楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

楽天モバイルの料金と初期費用

楽天モバイルの料金プランに関しては、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声用のSIMを使わなければいけないので気をつけましょう。音声SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、そのプラン以外としては、LETの高速回線(225Mbps)プランとなるのです。楽天モバイルにするにあたってかかる初期費用は、一律3,240円ですが、別途、スマートフォン端末を購入する場合は、その金額がプラスとなります。

楽天モバイルの解約縛りについて

解約制限に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMは、最低利用期間の決まりはありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方通話SIMについては、最低12か月の利用が必要になってきます。最低利用期間の1年を待たずに解約したい場合は、解約手数料として、9,800円が発生してしまいます。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

楽天格安スマホとは?

MVNOとは大手の携帯電話会社以外の携帯電話キャリアのことを指しますが、話題の格安なスマホサービスを展開しています。楽天市場もこれに参入しました。その名も楽天モバイルです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、docomoの電話と同じ品質の通話が可能です。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。楽天モバイルって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、楽天モバイルがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomo同エリアの格安SIM・格安スマホ

スマホサービスである楽天さんの楽天モバイル回線では、ドコモ回線を使用しています。そのため、通話品質もドコモと変わらず、サービスが使える範囲もdocomoと同じく広範囲で、圏外で使えなくなることも少なく信頼度は高いです。docomoのスマホを利用している方でしたら、だいたいはお使いの機種のままでご利用いただけます。また機種を変更したい場合は、新たにSIMフリースマホをセットで購入することも可能です。ドコモのスマホをお持ちの方なら、SIMカードのみの契約で利用可能ですので、新たに楽天モバイルでスマホを購入する必要もないので、ドコモのスマホを持っているならば嬉しいサービスです。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

セット販売の格安スマホが豊富なラインナップ

今あなたの使っているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない場合、スマートフォンを新しい端末に買い換えなければいけません。楽天モバイルとセットで購入できる本体は、他のMVNOよりも豊富な種類の本体を取り揃えてありますので、選択の幅が広いことが特徴のひとつです。スマートフォンだけでなく大きな画面で使用したいタブレット派の人のためにも、たくさんの端末が用意されています。ただ、そんな素晴らしい楽天モバイルですが、端末を購入して分割払いにしたい場合、楽天カード以外は使用できないという点が挙げられます。楽天カードを未所有の場合、端末の代金は契約時に一括で支払わなくてはなりません。ただ、機種の多さはMVNOの中でもNo.1です。

余ったデータ通信量の翌月繰り越し対応

プランによって使えるデータ容量に差がありますが、あまり通信しない月も場合もあるので、その様な月は多めに残ってしまう場合もある事でしょう。でも、楽天モバイルであれば、残ってしまったデータの容量を翌月に繰り越す事が出来ます。他の会社によっては繰り越しを行えないところもありますが、楽天モバイルはこういった点においても、お得と言えます。出来るだけ損をしないような使い方をいたいと思う人が大半だと思うので、このサービスはとても魅力的です。

通話料がお得な、楽天でんわ

楽天でんわは、通常の通話料が半額になるサービスです。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、発信者の電話番号がきちんと相手側に通知されます。もちろん通知される番号は、いつも使用している電話番号です。相手には、電話サービスを変えたことは気づかれません。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと使っていて不便だなと感じることがあるのですが、楽天電話なら使いづらさを解決してくれるということです。楽天でんわを使った際に生じた通話料も、通話料の金額に対応した楽天ポイントがもらえるので、非常にお得に利用できます。かけ放題の通話サービスもあるんです。

5分かけ放題

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、だいたいのMVNOが、無料通話のサービスをやってはいません。MVNOのデータ通信料は大手大手携帯電話会社より格安で済むから家計には優しいけど、いざというときの通話料金が高そうでちょっと手が出しづらい。と、迷っている方でも納得できます。楽天モバイルが提供を開始した新サービスにおいて、国内通話の最初の5分間が何度でも無料になるサービスが、なんと月々850円で登場しました。5分かけ放題オプションは大手携帯キャリアと同じ一般の電話回線を使用しているため、楽天でんわなどと同じく発信者番号通知にも対応しており、電話をかける際に煩わしいような操作をしなくても、通話料が無料になるのが嬉しい点です。NifMoでも同様に通話し放題のサービスが提供されていますが、発信者番号通知には対応しきれていないという評価をレビューブログで見ました。従来の「楽天でんわ」では、通常1分間に21.6円の通話料が必要でしたので、1回の通話時間が5分以内で月に43分以上通話する方は、ぜひ加入しておきたいオプションですね。

到着月は無料

SIMを楽天モバイルで契約をすると、最初の1ヶ月は料金が掛かりません。使用開始月というのは、SIMカードなど、楽天モバイルで契約したものを受け取った日の月のことです。ですので、月初に届くとほぼ1ヶ月分がタダになるということです。しかし、今ご利用中のスマホの解約手数料などとの関係もありますので、一概に月初まで待つのがおトクとは言い切れません。

通信速度

楽天モバイルは、ドコモの回線を利用して、225Mbpsという高速通信を可能にしています。スピードについては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。いちばん信頼があり安心できるdocomoと同じ回線を利用できることが、大手携帯3社や他のMVNOと比較しても、楽天モバイルの強みとなりそうですね。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの通信制限

どのMVNOでもそうですが、利用者全てが平等に使えるように、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、規定容量を超過したユーザーに対して、通信速度制限が行われます。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

【楽天モバイルで開催中のキャンペーン】

UQmobileの速度・料金・評判のまとめ

UQモバイルのチェックすべき項目

格安SIMや格安スマホサービスがあるUQモバイルは、MVNOの一つです。NTTdocomoやau・ソフトバンクなどのキャリアから乗り換えてのご利用であれば、毎月の料金を大幅に減らすことができるサービスなのです。月々1,680円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。AU回線を利用しているUQモバイルは、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもAUのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。UQモバイルの場合、テザリングが無料で使える点も大きなメリットの一つと言えるでしょう。UQモバイル?という方の為に、UQモバイルのキャンペーン情報・速度情報などをまとめました。UQモバイルのすべてがご理解頂けるかと思います。

AUの基地局を使った激安なスマホ

通信費用がお得なことで有名なUQモバイルですが、その特長はAUの回線を使っているところにあります。そのため、通話品質もAUと変わらず、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。現在AUのスマートフォンを使用しているのであれば、多くの機種ではそのまま利用しUQモバイルで使用することができます。また、端末はAUから買わなくてはならない訳ではなく、UQモバイルからSIMフリースマホセットで購入することもできます。AUのスマホを利用している方であれば、SIMカードを契約するだけで使うことができますので、けっこう高価なスマホ本体の分が浮き、初期費用を抑えられるのもありがたいですね。定評のあるAUの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUQモバイルというわけなのです。

VoLTE(ボルテ)専用プランあり

UQモバイルは、最新のVoLTEに対応するSIM及びプランの提供を始めました。VoLTEは、今までの通話サービスよりも、よりよい音質で通話できる、この呼称は一番新しい通話方式に用いられています。従来の通話方式が使えていた周波数帯は300Hz~3.4kHz迄で、実はそれ以外の周波数帯域の音はカットされてしまっていました。今では50Hz~7kHzの周波数までの音を聞き取ることができます。音が聴こえる周波数がこれだけ広がったので、高音質な通話が可能になったのです。UQモバイルの大きな魅力のひとつが、このVoLTEに対応しているということです。

データ量くりこしもできる!

UQモバイルではどうかをみてみると、 高速通信容量(データ量)の翌月繰越も可能なため、月によって使うデータ量が変わる方にも、容量を気にせずに利用できるのは、とっても大きなポイントです。UQモバイルのターボ機能を利用すれば、高速通信と低速通信のどちらかに切り替えることが可能です。これによりデータ容量を節約することができ、経済的に通信が行えるので便利ですね。

UQモバイル速度について

MVNOは各社が種々のサービスを提供していますが、UQモバイルは数あるサービスの中でも、通信速度が速いという特徴が知られています。2015年度の格安SIMアワードの結果を見てもわかるように、通信速度部門でUQモバイルが第1位に選ばれました。動画などの重いコンテンツが増えている今、通信速度、それも実効速度が一番重要だと考える人には、UQモバイルがあなたの望みに一番応えられる選択になると思います。これから先、MVNOや格安スマホの伸びはますます大きくなっていくでしょうね。

UQモバイルにおける3日間制限について

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用者の平等な利用環境のために、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、予め決まっている量を越した方に対しては、データ通信速度を遅くされてしまいます。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。UQモバイルの場合、各プランごとの規定値は決められておらず、すべてのプラン共通で、3日で1GBが規定値となっているようです。

UQモバイルの評判まとめ

UQモバイルの魅力を尋ねられたら、一番はやはり通信速度の速さが大きな魅力です。ネットの口コミやレビューでも速度に満足しているユーザーの声が多く、料金プランのバリエーションや、月額面で他社よりも見劣りするなどはありますが、総体的に判断してみれば、格安SIMとして有用性が相当高いと言えるでしょう。格安スマホ選びの際の大きな選択肢の一つになるでしょう。

UQモバイル最大の魅力。快適な実効速度

UQモバイルの特に素晴らしい部分は、他の格安SIMよりも高速な通信速度を利用できる点にあるでしょう。私が料金しているいくつかのMVNOにおいても、とても通信速度が早いです。なおかつ安定しているので、メインでUQモバイルのSIMを利用しています。知り合いや家族などで高速かつ安定速度を求める人に、どこのMVNOが1番優秀か?と質問されたとします。その場合、私ならばUQモバイルを提案します。他業者が提供しているサービスに比べて料金が少々かさむのは事実ですが、ハイスピードで快適な利用ができることを考えれば、なかなか悪くないと思います。

UQモバイル月額プラン

UQモバイルの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。今現在ご使用されている会社の料金と見比べて、いくら携帯代が安く出来るか、比べてみて、お得感を実感して下さい。 UQモバイルの料金プランを見てみましょう。

Uqmobileの料金プランまとめ

UQモバイルの料金プランは、データ通信のみが出来るSIMとデータ通信も通話も出来るSIMの2種類分かれておりそれぞれ料金が異なります。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことによりSIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、SIMはデータ専用ではなく、必ず音声通話付きのものを選んでください。音声通話SIMの料金プランは、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ専用SIMの月額費用は、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円となっています。

2年縛りは?

UQモバイルの最低利用期間について、説明していきます。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。一年以内に解約したい時には、違約金の9,500円を支払わなければなりません。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

【開催中のキャンペーン】

Umobileの速度・料金・評判のまとめ

Umobileの通信スピード

たくさんあるMVNOのうち、Umobileは、225Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。docomoと同じLTE回線なので、広範囲で安定して使える安心できるサービスです。

Umobileの速度制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しております。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、速度が制限されます。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。Umobileの場合、直近3日間の規定容量は公表されていません。

Umobileの気になるポイント

格安スマートフォン・格安SIMを提供するUmobileは、これは、U-NEXTという動画を配信している会社が運営している格安スマホや格安SIMです。2015年に東証一部上場もした、近年着実に成長を遂げている会社で、東証に上場することが可能なだけ市場の信託を受けている会社で、まだ知名度の低い企業の中では珍しく、人気MVNO5本指に入るほどの実力派です。また、格安スマホとしては珍しく、LTEの高速通信が無制限のプランがあるのも特色です。格安に高速回線を使い放題したい方は、Umobileがおすすめです。Umobileって何?という方の為にも、Umobileがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。Umobileのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomo回線のMVNO

Umobileはdocomoと同じ回線を使用しています。その結果、通信品質はご安心いただくことができ、
サービスエリアもdocomo同様に広範囲をカバーしておりつながり易さは期待できます。また、docomoのスマホはほとんどがUmobileで使用できます。またUmobileでは、SIMフリースマホを販売しています。当然それとセットで購入する事も可能です。また、docomoのスマホを引き続きご利用いただく場合には、SIMカードのみの契約でOKですので、
スマホ本体代の分が浮き、安く購入できます。そんなUmobileをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つdocomoと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

LTEの高速回線無制限プランがある

MVNOのUmobileではお客様に喜んで頂くために、LTE無制限というプランを設定していて、ほとんど他のMVNOには、LTE使い放題のプランが設定されていないため、Umobileが人気のMVNOになる一つのきっかけとなりました。高速のLTE回線をいつでも好きなだけ利用したい人にとっては、速度制限や通信制限を気にせず使えると言うのは、とても魅力的なプランです。LTE使い放題プランの料金は月額2,730円から設定されており、U-NEXTポイントが毎月400ポイント付与される特典もあります。この価格でLTE使い放題を利用できるキャリアは、なかなか見つかりませんね。いかにオトクであるかお分りになると思います。よくネットを理由する人にとってはとても魅力的なプランだと思います。スマホを動画の視聴や音楽の再生メインで利用している方にこそお勧めしたいMVNOです。LTE使い放題プランの詳細は、Umobile公式サイトをチェックしてみてください。

ネットで即日MNPもできる!

Umobileでは、即日にMNP転入が出来るので、他社からの乗り換えが楽になりました。MNP届け出方式を使っているUmobileでは、お申し込み時に、インターネット上で、届出方式を選択していただくと、お手元にUmobileのSIMカードが届いてからMNP転入ができ、切り替えの間、携帯やスマホが使えなくなることがありません。即日MNPを行うには、以前までは必ず店頭に行かなければなりませんでしたが、これからは自宅、外出先など店舗以外の場所からでも手続きが行えるようになりました。これまで携帯やスマホが使えない期間があるのが不安で、乗り換えに消極的だった人も、安心感をもってMNP手続きに臨めます。即日MNPはとても簡単な手続きで行うことができSIMカード到着後、Umobileの会員ページで回線切替ボタンを押すだけで終わりです。MNP届け出方式により容易にMVNOへの転入手続きが完了できるようになり、格安スマホへの切り替えが進むことになるでしょう。”

Umobile口コミまとめ

Umobileで実感できるメリットといえば 、無制限にLTEが使えるプランがLTE使い放題プランです。docomoの回線なので通信速度も高速でかつ使い放題というのは、他社には中々ないプランです。このプランを選んで通信容量の上限の割に料金の高い他キャリアから乗り換えるとすると、1ヶ月あたりの料金を大幅に減少させることができるかもしれません。

通話プラン限定、毎月400~600ポイントバック!

契約者数100万人を突破した、動画配信サービスU-NEXTにおいて使うことができる、U-NEXTポイントが毎月もらえるといううれしい制度もあります。毎月もらえるポイントはLTE使い放題2プランの場合400ポイント、それ以外のプランの場合600ポイントもらえます。配信されている動画の視聴料金は大体300円程度ですので、月2本程度タダで視聴できることになります。作品のラインナップも多く、映画や国内・海外ドラマ・アニメ・大人向け作品まで幅広くカバーしています。)Umobileは、1500円~3000円程度の月額で、400~600ポイント還元されるのは、とてもお得なキャンペーンですよね。

Umobile料金と解約

Umobileを利用する際にかかる料金と費用についてご案内します。毎月のスマホ代がいくらかかっているかチェックした上で、どの程度、通信費が節約できるのか、比較対象できると思いますので是非とも参考になさって下さい。どれだけ安いのか、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

Umobileの月額プランと初期費用

Umobileの料金は、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。音声通話ができるSIMには、070・080・090から始まる番号が利用できるので、大手キャリアと同じように携帯電話を使いたい人は、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。通話SIMの月額プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データSIMの月額費用は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

音声通話ができるSIMに適用される「LTE使い放題2プラン」というのは、最低でも12ヶ月間は継続利用することを条件とする代わりに、一月あたりの料金がLTE使い放題プランより、250円割引されているプランです。

Umobileの解約縛り

ユーモバイルの解約制限と解約手数料について、説明していきます。データSIMについては、利用する期間の縛りはありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。音声通話SIMに関しては、6ヶ月の契約縛りがついています。万が一、6ヶ月以内に解約するとなると、手数料として6,000円払わなければなりません。大手キャリアと違う点は、違約金のかかる期間の更新がされないと言う点で、最初の7ヶ月さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

「LTE使い放題2」の最低利用期間について

U-mobileのいろいろあるプランの中で、LTE使い放題2プランだけには、解約にあたっては、他の契約プランとは異なり、最低利用期間・解約違約金がございます。解約違約金は6ヶ月以内の場合9,500円になります。それと7ヶ月目~12ヶ月目の期間で解約をした時にも手数料が発生する事になり、3,500円と設定されています。また、利用開始月から11ヶ月以内にプランを変更する場合には、3,500円がプラン変更手数料として必要です。上記のとおり、他のプランとは異なる点がいくつかございますのでご注意ください。解約違約金がやや割高になりますが、このプランは月額利用料金が毎月割引となりますので、1年以上、継続してご利用するのであれば、この LTE使い放題2プランは、たいへんお得ですので、自信をもってお勧めできます。

【終了日間近のキャンペーン】

mineoの速度・料金・評判のまとめ

mineoって?

docomoとAUの2つ回線を利用しているMVNO「mineo(マイネオ)」はケイ・オプティコムが提供している格安スマです。現在使っているキャリアから乗り換えをすると、スマホの月々の料金がかなり安くなります。どの位?というと、このmineoは、なんと月々たったの1,310円でスマホが使えてしまいます。だから今、話題沸騰中なのです。マルチキャリアMVNOとしては、国内で一番最初にサービスを提供しており、docomo回線プランとAU回線プランを選ぶことができます。通話の品質やエリアはdocomo・AUのキャリア機器とまったく同じなので、繋がりやすさもお墨付きです。早速、mineoのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。節約料金を妄想しながら、楽しんでいってください。

docomoとdocomo・AU回線網を使ったお得なスマホ!

mineoはAU回線プランとdocomo回線プランを提供している、マルチキャリアMVNOです。通話も高音質でキャリアとほとんど変わりませんし、利用する事が出来るエリアなどもまったく変わりません。スマホがAUもしくはdocomoであれば、継続して使えるケースが多いので、新規にスマホを用意する必要はありません。新しくスマホを買い替えずに済むので、余計なお金がかかりません。当たり前の事ですが、mineo内で用意している格安スマホも購入してサービスを利用出来ます。ドコモとauの回線は両方とも安定していますから、docomo回線とAU回線の好きな方を選んで契約することができます。docomoかAUの回線のどちらかを使うかによっては、料金に差異があるので検討の際は確認しておく事が必要です。

VoLTE(ボルテ)対応プランがある!

mineoの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。VoLTEとはLTEによる音声通話サービスのことで、従来の音声通話より高品質な通話を実現した、たくさんある通話方式のなかでも最先端の技術です。以前は300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾う事ができませんでした。このVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになっています。従来と比較して、高音質で通話出来るようになったという事です。VoLTEに対応していることは、mineoにとって安さ以外のセールスポイントになっています。

データ容量くりこしにも対応

mineoの特徴として、データ通信料の残った分も翌月に繰り越せるため、月によって使用するデータ量がまちまちという方にも、気にすることなく利用できて安心ですね。

mineoスイッチを活用して、通信量節約

mineoでは通信を便利にするためのmineoスイッチも用意されており、高速通信と低速通信に切り替えができる機能です。データ容量の無駄な使用を抑えたい時にターボ機能を使います。また、mineoにはデータ通信料を賢く節約できるアプリ「mineoスイッチ」があるので、公衆Wi-Fiとうまく組み合わせて使えば、データ通信料を最小限に抑えることができるでしょう。携帯代を安く済ませるのに役立つと思います!

mineoの回線スピード

mineoのデータ通信速度について、説明をしていきます。docomo回線を使用するDプランはdocomo Xiの最大225Mbps、Aプラン(AU回線を利用したプラン)においても225MbpsのLTE回線を使用しています。通信系の媒体でもよく比較されていますが、混雑時間帯では、キャリア契約のものよりも通信速度は遅くなります。混雑する時間帯ほど自分だって通信したい時間帯なので、こうした時間帯に高速で安定した通信がしたいなら、キャリア契約の方をおすすめします。毎月の使用料金が安いので、全体通して見ても、mineoも含めた格安スマホは魅力的なサービスだと思います。

mineo Aプランでの通信制限に関して

mineoは、通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、決められた容量を超過したユーザーに対して、速度制限が実施されます。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。料金プランごとの規定容量は設定されておらず、Aプランは、各プランともに、直近3日で1GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランでの3日間制限0

mineoのdocomo回線プランにおいては、直近の3日間の通信量に基づく速度規制はありません。日によって、どれくらいの量を使うか分からない方には、契約に関しては、AプランよりDプランの方が3日制限に掛かる心配が減るでしょう。このような通信量と速度制限についても合わせて、プランを比較し、検討してみてください。

mineo料金と初期費用

mineoの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、ご参考にして頂きたいと思います。どれだけ安くなるのか、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの料金

マイネオの料金プランは、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。070/080/090から始まる電話番号が使用できるのは、音声通話SIMだけなので、今まで通りに携帯電話としても利用したい時は、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ専用SIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

最低利用期間

解約縛りと違約金に関して、説明していきます。多くの格安SIMでは、最低利用期間が設定されていますが、サービスの解約時に手数料が必要ない珍しいMVNOです。最低利用期間があるが故に、普通はなかなか気軽には契約しずらいスマホですが、格安スマホ初心者には打ってつけのMVNOです。しかしながら1年以内にMNP転出をする場合については12,420円の転出手数料がかかります。音声通話プランのご契約を考えてる方は、気をつけた方がいいでしょう。

【開催中のキャンペーン】

IIJmioの速度・料金・評判のまとめ

IIJmio料金と解約

IIJmioの料金プランや速度について、解説していきます。現在の携帯電話料金と比べて、IIJmioに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、考えながら見ていただければ良いと思います。どれだけ安いのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

IIJmioの料金プランまとめ

IIJmioの料金プランに関しては、SIMには2つの種類があります。データ通信専用のSIMと、音声通話ができるSIMです。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、今ご利用中の携帯電話と変わりなく使いたい方は、データ専用SIMでなく、音声通話SIMを選択する必要があります。音声SIMの月額プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データSIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円:す。

みおふぉんの解約制限

IIJmioの解約縛りと解約手数料に関して、ご紹介していきます。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。12ヶ月以内に解約をした場合は、違約金として9,000円の支払いが必要となります。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヶ月以上経てば、いつ解約しても違約金が掛からないのは嬉しいですね。

IIJmioの速度

色々なMVNOがあり、その中でもみおふぉんは、 NTTdocomoが提供する225Mbpsの4GLTE回線を使用した、格安のスマホサービスです。その回線速度や対応エリアには安心感があります。ネットの繋がりやすさもいいようで、口コミサイトの評価を見ても、中々良い評価を獲得しているようです。実際の通信速度が速くコストパフォーマンスの高いものを求めている方には、IIJmioを利用すれば二つのニーズを満たすことができると思います。

IIJmioにおける72時間制限に関して

IIJmioの場合、ただし、低速通信時の時のみ直近の3日間の利用状況によって速度規制が発生する場合がありますが、これは、高速回線を使用しているときには適応されませんのでい心配いりません。全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、規定された容量をオーバーした利用者に対して、決められた速度制限が課せられるのです。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。

IIJmio格安SIMの気になるポイント

格安SIMと格安スマホを提供している株式会社インターネットイニシアティブのサービスである「みおふぉん」について、これから紹介していきます。株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスの先駆者で、格安SIMが世に出た頃からの使用者であったなら、IIJmioは広く知られています。2015年には、格安SIMアワード2015という顧客満足度を調査する企画で総合部門において最優秀賞を獲得しています。ブランドイメージや充実した利用者へのサポートが、多くの利用者の支持を得ました。今回は、IIJmio人気の秘訣をまとめてみました。お楽しみ頂ければと思います。

docomo回線網を使った格安SIM・格安スマホ

IIJmioが使用しているのはNTT docomoの回線なので、当然ながら、通話品質もdocomoと全く一緒ですし、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。docomoのスマホを利用している方は、だいたいの場合その機種を変更することなく利用できます。もし、docomoのスマホをお持ちでないなら、IIJmioではSIMフリーのスマホとセットでの提供も行っておりますので、そちらを利用することも可能です。もしも現時点でdocomoによるスマホを保有しているなら、SIMカードだけで契約手続きを完了させることができるので、新たに本体料金を支払って、スマートフォンを購入しなくて良いということは非常にありがたいことですね。安心感があってエリアも広いdocomoの回線環境をそのまま安価に使える優れもののサービスがIIJmioなのです。

バースト機能で、低速通信時も快適

IIJmioには、バースト機能というものがあります。この機能をまだご存じない方のために、ここで簡単に説明しておきます。バースト機能は低速通信になってしまった時、最初の数秒間に高速通信をして、ページ表示を速める機能のことです。このバースト機能があるのとないのとでは、低速通信時におけるページの読み込み時間にかなりの違いが生じ、ページが表示されるまでの時間を遅く感じるということが減り、気持ちよくネットを使うことができるので、とても注目されている機能となっております。この機能は、現在のところ、IIJmioとIIJmioでしか採用されていないすぐれた機能なのです。

高速通信容量の翌月くりこしにも対応

選ぶプランにより毎月使える通信量は異なりますが、時によってはあまり使用しなかったためにデータ容量がたくさん余ってしまう月もあります。IIJmioならば、余った分のデータ容量を、次の月に繰り越すことができます。このようなデータ容量を翌月に持ち越すことができないMVNOも少なくなく、ユーザーに喜ばれるサービスをどしどし導入するIIJmioの魅力が、いっそう光ります。格安のサービスであるとはいえ、データ通信量の無駄はもったいないので効率良く使いたいですね。

ファミリーシェアプランでSIMカード最大10枚

IIJmioで選択できるプランのうちファミリーシェアプランでは、なんと10枚ものSIMカードを追加することが可能なのです。親世帯、子供世帯合わせて10人でIIJmioに乗り換えれば、今、月々払っている料金から相当の金額が節約できることになります。現状、家族全員の携帯代の合計額を把握していますか?計算してみれば、驚くほどのスマホ代金の節約になります。この際、家族そろってIIJmioに乗り換えてみませんか?格安スマホが心配な方でも、顧客へのサポートが手厚いとの評価が高いIIJmioであれば、安心してお使いいただけるでしょう。さらにオプションの「みまもりパック」も付けることで、有害サイトや不正アプリから守ることが出来るので、子供用スマホとしても使えます。

IIJmioの評価

IIJmioの特徴は、サポート満足度が高いことと、MVNOの老舗ブランドであるという点があります。さらに格安SIMアワードの総合部門最優秀賞を受賞していて、ユーザーが満足していることを示しています。電話またはオンラインのサポートも充実しているので、初めて利用する方でも、何の心配もなく利用できる格安スマホだと言えます。

安定した速度とユーザーサポートが魅力的!

IIJmioを評価する声のほとんどが、手厚いサポートと通信速度の安定感が良い評判を獲得している要因のようです。格安SIMアワードの結果にもその人気は見受けられ、総合部門で最優秀賞を受賞しています。以上のことからもIIJmioは格安スマホ選びの際に、魅力あるMVNOの一つとなることでしょう。他のMVNOと比較してみても、ブランド力においては定評があります。口コミなどでも高評価を得ている格安スマホなので、格安スマホや格安SIMデビューを検討されている方には、第一歩として自信を持ってお勧めできるアイテムです。

【キャンペーンはどう?】

DMMモバイルの速度・料金・評判のまとめ

DMMモバイルの速度

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてDMMモバイルは、docomoからLTE回線を借りて、最大225Mbpsの高速通信サービスを提供しています。docomoと同じLTE回線なので、広範囲で安定して使える安心できるサービスです。通信スピードは高速かつ安定しており、口コミやレビューの書き込みなどを見ると、好印象を持たられているのが事実です。安さと速さを兼ね備えた格安スマホを求めている方には、DMMモバイルがピッタリです。

DMMモバイルにおける通信制御について

DMMモバイルの場合、低速通信時に関しては、直近の3日間のデータ通信量によって、制限がかかってしまうこともありますのでご了承ください。高速通信を利用している場合が、3日間の制限は掛かりません。通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持しています。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。

DMMモバイルのチェックポイント

MVNOの一つとして人気のあるDMMモバイルは、有名な動画配信サイトのDMM.comが運営しています。業界最安値を掲げ、各プランともに、他社と比較しても、ほとんどのプランで最安値となっています。とにかく月々の出費を抑えたい方には、断然おすすめな格安SIMサービスです。通信回線の速度の安定感も評判が良く、スムーズにネットが利用できることも長所になっています。そんな訳でして、DMMモバイルの詳細を調べてみましたので、DMMモバイルのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomoの基地局を使った格安SIM・格安スマホ

DMMmobileの通信回線はdocomoと同じ回線を使用しています。そのため、通話品質はdocomo同様、高品質ですし、対応するエリアの範囲は広いので、つながりやすさはピカイチです。端末はdocomoのスマホならばたいていの機種がそのままDMMモバイルの端末としてご利用できます。もちろん、当社のSIMフリースマホをご購入の上で、通信サービスをご利用いただくこともできます。ただ、すでにdocomoのスマホをお持ちでしたら、SIMカードだけの契約をDMMモバイルと結べば、そのまま使えますので、再び高額なスマホ本体の購入料金を支払う必要もありません。新たなスマホを購入せずに初期費用を抑えられるメリットは、大きいですね。DMMmobileはNTT docomoよりも安い料金プランで、同等の通信品質を利用できるサービスです。

iPhoneが割賦契約可能

DMMモバイルの大きなメリットの一つとして、iPhoneを分割払いで購入できるという点があります。他のMVNOではほとんど海外製の格安端末なので、iPhoneのような機種での扱いはほとんど扱っていません。それに比べてもDMMモバイルは、人気のiphoneも取り揃えており、 iPhoneの購入を分割払いで考えているのなら 、最有力候補としてDMMモバイルをあげられると思います。iPhoneを使いたいけど、大手キャリアではなくMVNOが良いという方は、DMMモバイルで購入する事になってしまうでしょう。売り切れになっていることがほとんどなので、在庫確認をして、早めの申し込みをお薦めします。

高速通信容量の繰越対応してます。

利用プランによって使える容量は異なりますが、月によっては、使用量が少なくてかなり残ってしまうこともあるでしょう。DMMモバイルの場合であれば、余ったデータ容量を翌月に繰り越して使用する事が可能です。残念ながらこういった繰越サービスを実施していない企業も未だあるなか、余ったデータ容量を繰り越せるというのはDMMモバイルを選択する理由の一つとなります。残ったデータ容量を繰り越し事ができれば、サービスを余すところ無く利用できるので、支払う料金以上の価値があると思います。

オンラインで即日MNPOK

DMMモバイルをお勧めするポイントは即日MNPに対応しているところです。DMMモバイルでは、MNP届け出方式を採用することで、インターネットを通して手続きを済ますだけで、空白期間なくMNPが利用できます。即日MNPを利用したい場合、従来は店舗での手続きが必要でしたが、現在では自宅などでも直ちにMNPが利用できるようになっています。出張先でも手続き可能です。MNPを行うときに携帯が使用できなくなる期間が発生する事を気にして、なかなか乗り換えに踏み切ることができなかった方には朗報ですよね。即日MNPの手続きは、SIMカードが手元に届いたら、DMMモバイルの会員ページにて、回線切替ボタンを押せば完了です。格安スマホを使う際の手続きのわずらわしさが解消され、さらに格安スマホが使いやすく身近になりましたね。

DMMモバイル契約者全員に、DMMポイントを毎月還元

使用している携帯がDMMモバイルの場合、月々の請求額の10%のポイントがプレゼントされる、とてもお得で良心的なキャンペーンを実施しております。月額料金はもちろん、通話料やSMS送信料なども対象となるので、DMM.comで動画を利用する人にとっては、お得度の高いキャンペーンなのです。DMMモバイルはもともと業界最安値を掲げているのに、それに加えて10%還元なので、これは驚きですよね?携帯代をかしこく節約したい方にはDMMモバイルがぴったりですね。

バースト機能│低速時がより快適に。

DMMモバイルにはバースト機能っていうすごくいい機能があります。バースト機能とは何なのか分からない方にご説明します。バースト機能とは、ユーザーが低速通信を行っているときに、始めの1,2秒程度だけ高速通信に切り替え、より早くページの切り替えを行うというものです。これを採用することによって通信速度が低速化した後でも、待ち時間やストレスを感じることなく、より効率よくインターネットを使うことができ、この機能は注目を集めているのです。ただ残念なのが、バースト機能はDMMモバイルとllJmioしか搭載されていないようです。

DMMモバイル月額料金と解約

DMMモバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。現在お使いのスマートフォンの毎月のお支払額と比べて、どの程度の料金を節約することができるのか、参考にしてみてください。 DMMモバイルの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

DMMmobileの料金プラン

DMMモバイルの料金プランは、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。音声機能付きSIMを選択しないと070/080/090番号が使えないので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 データ専用SIMを選択すると使えませんのでご注意ください。音声SIMの料金は、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

DMMmobileの解約手数料

DMMモバイルの解約制限と解約違約金に関して、ご紹介していきます。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、違約金として9,000円が必要になりますのでご留意ください。キャリアと異なるのは、縛り期間の更新が自動でなされないという点で、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

DMMモバイル評価

DMMモバイルと契約することで、ユーザーにとってプラスになる面を考えると、他と比較してもかなり安い月額料金と通信スピードの速さだと思います。モバイル通信で安定した高速通信と月額費用を抑えたい方には、DMMモバイルを利用するのが一番といえるでしょう。口コミでDMMモバイルが高評価になっている理由は、料金の安さと快適な通信環境の点で、満足していただいているからです。

高速な通信速度が嬉しい

DMMモバイルの人気の秘密を探ってみると、回線速度の速さと安定性についてです。業界最安値水準の月額料金にもかかわらず、高速通信にも定評があるとのことで、DMMモバイルに注目するユーザーが増えています。請求額に対して10%のDMMポイントが付加されるので、速度と費用の点で言うなら、最も注目すべき格安SIMと言えるでしょう。これからMVNOへの切り替えを検討している方は、DMMモバイルを利用すると経済的に高速通信を利用できるメリットを味わえますね。

【キャンペーン情報】